本番さながらの消防訓練

本番さながらの緊迫した訓練

八尾市の秋季消防訓練の見学をしました。

秋の全国火災予防運動の一環として、

公共施設(大正出張所)の家事を想定した訓練です。

 

火事の通報から消防車両が到着し、消防署や消防団による

人命救助・消火活動がスピーディに進められます。

館内への侵入やベランダや屋上で助けを求める人たちの救助、

心肺蘇生の処置、放水など、本番さながらの訓練でした。

幼稚園児も見学に来ていて、

消防車や職員の動きを食い入るように見ていました。

「がんばれー!」とかわいい声援をおくる場面もあり、

微笑ましかったですね。

今日は、出初式とは違い、地域を特定した小規模な訓練でした。

それだけに間近に訓練の様子を見ることができ、

隊員の表情や動きがよくわかりました。

真剣にキビキビと行動する姿が、とても頼もしい。

れからも、しっかり訓練を重ね、まちの安全や市民の命を守ってくださいね。