「食」で子育てを支える「まちのちゃぶ台」


「まちのちゃぶ台in八尾」は、八尾で初めての開催でした。参加者が食材を持ち寄ってご飯をつくり、食事をしながら交流をします。

 

私は4月に出産予定の知人を誘って参加しました。初めての出産子育てをする彼女は、まだとても若いので、身近な人たちとつながりが持てるといいなあと思っていたからです。

 

会場は、市民活動ネットワーク「つどい」でお世話頂いたアパートの一室。次々に、赤ちゃんを連れた親子や関心を持って集まった人たちでが集まり、すごくにぎやか。たくさんの食材を見ながら、みんなでメニューを考えました。若ごぼうのかき揚げ、シチュー、焼きそば、肉の煮込み、サラダなど、たくさんのご馳走が完成。ワイワイとおしゃべりしながら、楽しみました。子育てのこと、食べ物のこと、話題には事欠きません。初めて会った人たちとも仲良くなり、帰る時には、お互いの連絡先を交換していました。

私は、女性では年長者。料理をつくるのが好きなので、もっぱら食事づくり。皆さんが、美味しいと喜んでくれたので、嬉しかったなあ。

 

この企画は、「赤ちゃん先生」を開いた方々が呼びかけてくれました。調理できる場所さえあれば気軽に集まれます。食のおかげで、みんなが和やかになれます。子育てを支え合える、とても素敵な取りくみですね。できれば、月に一度はやりたいと話しています。お世話頂いてありがとうございます。