まちなかのギャラリーを楽しむ

まちなかのギャラリー「ルーエ」。
地元にお住いの奥村禧枝さんが、「まちの文化レベルを向上し、八尾のまちづくりに寄与する」という熱い想いから、ご自分がオーナーであるマンションの一室を使ってギャラリーを誕生させました。いつも八尾市内外の様々なジャンルのアーティストによる作品を楽しませてくれます。

現在は、29日まで、装身具作家・鯨工芸家である稲田浩氏のアートジュエリー展が開かれています。珍しい鯨ひげ板で作ったアクセサリーは、独創的であり自然の素材の温かみを感じる作品ばかりです。


ひときわ輝いていたのは、装身具作家として40周年の記念作品です。ヤマトタマムシの羽、真珠やダイヤモンド等の宝石をちりばめた豪華なものです。
「付けてみますか?」との稲田氏の声かけに
「本当にいいんですか?」と私。
想像もできないくらい高価な作品を付けていただきました。ずっしりと重く感じましたよ。

このギャラリーは、本当に気軽に立ち寄れる場所です。アーティストとふれあい、奥村さんや来場者と語らい、楽しいひとときを過ごします。

 

ギャラリールーエのご案内はこちら