交通事故の報道について

8月27日の交通事故に関する報道について、皆様にご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

私は、4月11日の夜間、選挙事務所を手伝ってくれた支援者を自宅まで送り届けた後、帰宅中に事故を起こしました。不慣れな道をカーナビを頼りに運転しておりました。交差点を青信号で右折した際、二つの交差点が近距離でつながっていることに気付かず、一つの交差点と間違えてそのまま赤信号で進入し、自転車と接触してしまいました。

前方をしっかり確認できていれば、停止線にも気づいたはずですし、青信号で交差点に入ってきた自転車も確認できたはずです。私の一瞬の不注意と運転ミスで、相手の方にけがを負わせてしまったことに弁解の余地はなく、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

事故直後は通行人の方がすぐに救急車と警察に連絡してくださり、ありがたかったです。現場検証を終え搬送先の病院に向かいましたが、そこで腰の圧迫骨折と聞きました。ご本人から快方に向かっていると聞いておりますが、今も被害者の方には本当に謝罪の言葉しかみつかりません。

報道を受けて事故の状況と今の心境を述べさせていただきました。今回、私が起訴された事実は、厳粛に受け止めていますが、この件に関しては、裁判も控えていることからコメントはご容赦ください。

本当にお騒がせして申し訳ありませんでした。