高安能を次世代に

高安能の公演に行ってきました。八尾発次世代へつなぐ高安能未来発信プロジェクトとして、行われたものです。 実は、八尾にゆかりのある能や狂言がいくつもあること、ご存知ですか?八尾の東側にある高安山は『古事記』にも書かれているほど古くから知られ、大阪と奈良をたくさんの人が行来することで文化が育まれてきました。能もそのひとつ。能楽の高安流は高安地区にある玉祖神社の神官が始まりだとか。

 

私は、能の観賞は初めてでした。初めにストーリーを説明してもらったので、何となく理解ができましたが、セリフやうた(?)の意味はよくわかりません。でも、静けさのなかに響きわたる鼓や笛の音、何とも言えない渋いうた声、洗練された舞いなど、独特の世界観に浸ることができました。高安能を残し、次の世代に伝えていきたいと頑張って下さっている方々のおかげです。

 

このプロジェクトでは、今まで子ども向けのワークショップも行ってきました。私も小学校におじゃましました。初めて能を観た子どもたちは、舞いや能面に興味津々でした。

 

八尾で受け継がれている能の文化。今日の公演で、その魅力を感じさせて頂きました。